バイアグラの効き目が悪い理由と対策方法をまとめてみた。

バイアグラ

勃起薬の先駆け薬として有名なバイアグラ。

このバイアグラを服用した男性の中でも効果があった、効果がなかったという意見に分かれると思います。

では、なぜこのような意見のわかれが起きてしまうのか?

バイアグラを服用しても効き目が悪いパターンや理由をまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。

ED治療薬バイアグラの効果

バイアグラ 効果

本来、バイアグラの効果としては男性の勃起不全や勃起障害とするEDの治療に効果的とされていました。

元々は狭心症の開発の為に研究が進んでいたシルデナフィル成分に陰茎を促進する作用が見つかり、後のバイアグラとなっているのですが、皆さんはご存知でしょうか?

このシルデナフィル成分を含んでいるバイアグラは、加齢やストレス、性行為における緊張やプレッシャーなどによるインポや中折れを改善する効果が期待できます。

しかし、バイアグラを服用した方が必ずしも勃起するとは限らないのです。

それにはいくつか理由があります。正しい飲み方や服用方法を守っていない方が多いのです。

次の項目でバイアグラが効かないケースをまとめみましょう。

バイアグラが効き目が悪い時

バイアグラ 効かない理由

ED治療薬のバイアグラが効かない、又は効きづらいケースとして以下の原因が考えられます。

・心臓病や肝臓など重度の病気を抱えている(血管機能がうまく作用していない)

・精神的なストレスやメンタル的に弱っている

・食後、直ぐにバイアグラを服用したりしている(お酒を過剰摂取している)

・神経機能が老化によって全体的に衰えている、又は損傷している

バイアグラを服用しても効果が薄かったり、効き目が良くない方はこれらに該当している可能性が高いと言えるでしょう。

特に、バイアグラを含むED治療薬に対しての知識が薄い方の場合、食後に飲んでしまう方が多いです。

もちろん、食後に飲んでも問題なく勃起作用が働く方もいますので、これらの原因には多少なり個人差があります。

ストレスや心臓病などに関しては、地道に治療をしてED治療薬を飲んでも良い状態になるまで待つしかないでしょう。

この原因はバイアグラに限らず、レビトラやシアリスにも当てはまる事ですので、十分に理解してから服用すると良いです。

バイアグラが効かない時の対処法

バイアグラ 対処

もし、前述している項目が原因と分かった方は、単純にこれらを解消していけばバイアグラの効果が良くなるはずです。

ただし、薬の種類がその人の相性とあっているのか?体調は優れているのか?お酒は飲み過ぎていないか?病気にかかっていないか?

など、他にもED治療薬の効き目が良くないパターンもありますが、人によって異なる部分が難しいところでもあります。

バイアグラでは勃起しなかったが、レビトラでは効果があった!という方も少なくありません。

一概にこれらの理由で勃起効果が薄れているわけではありませんので、あくまで参考として覚えておきましょう。

ここでまとめていまる項目を改善してから服用し、それでも効果がない場合には専門の医師に相談をしてからED治療薬を服用すると良いでしょう。

最後に。

バイアグラまとめ

ここまでバイアグラが効かない理由や対策についてまとめてみましたが、いかがでしょうか?

性行為における男性の悩みに多いEDの症状ですが、世界的にも多くの患者さんがいます。

バイアグラを始め、レビトラ、シアリスが有名な三大ED治療薬ですが、他にもこれらの成分を含んでいるジェネリック医薬品も多く存在していますので、いろいろと調べていると良いでしょう。

勃起なくてバイアグラを服用しただけで、諦めてはいけません!

諦めずに焦らず治療や改善をしていけばよいのです。ぜひ、これらの情報をお役立てください♪♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ