精力UP!普段から性ホルモン(テストステロン)を活性化させよう!

テストステロン

テストステロンとは、別名性ホルモンとも言われていて、「性欲」や「セックス」に大きく関わりがあります。

セックス時の「興奮度」や「勃起」もこのホルモンが関係しています。

また男性の方が女性よりも、力があったり、運動能力が高いのは、このテストステロンの分泌が活発だという事が原因です。

またこのテストステロンは、日常生活のやる気や元気にも関係しており、男性にとって、欠かせないホルモンなのです。

テストステロンが分泌されるピークの年齢は?

一般的に、男性のテストステロンの分泌量ピークは18歳~30歳と言われており、その後はどんどん減少していきます。

テストステロンが減少すると、更年期の症状が現れ始め、体にもいろいろな変化が起こります。

代表的なもので、性機能の低下、筋力や免疫力の低下、鬱症状の現れなどです。

テストステロンの分泌を促進させる方法は?

テストステロン

バイアグラなどのED治療薬を服用すると、血中のテストステロンが増加すると言われていますが、今回は、普段の生活でテストステロン値を上げる方法としては以下になります。

・たんぱく質を十分摂る

高タンパク低カロリーな食事を心がけましょう。牛肉などの赤身肉がおすめです。

・ビタミンCとビタミンEを摂る

ビタミンCは野菜や果物に多く含まれています。ビタミンEが多く含まれている食材は、アーモンド、緑茶などです。

・十分な運動をこころがける

筋肉にある程度負荷をかけるような、筋トレなどが男性ホルモンの分泌を刺激します。男性ホルモンの分泌の為に、筋肉を鍛える事は必要不可欠です。

・睡眠を取り、日頃からストレス解消を

・日頃から性的に積極的なろう

性的な刺激は、男性ホルモンの分泌を促進する効果があります。

まとめ

テストステロン

このようにテストステロンは、男として生きていくうえに、非常に大切なホルモンであるとわかりました。

普段の生活からテストステロンを促進させ、ED治療薬も効きやすい体にしちゃいましょう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ