EDと体格との関係はあるの?

体格

EDになる人とならない人がいます。

原因は食事や生活、喫煙やストレスが原因だと前回紹介しましたが

人によって違う体格ではEDになりやすい、なりにくいはあるのでしょうか。

調査データを元にまとめてみました。

EDと体格との関係

太っている人

そもそもEDは勃起不全のことで、勃起不全になる原因は血液の循環が悪くなることです。

なので血液がドロドロであったり、血管が狭い人はEDになりやすいのです。

体格からいうと肥満の方はこの傾向に当てはまるので肥満の体格の人はEDになりやすい です。

さらに、日本の最も健康状態の男性のBMIが22と言われており、このBMIが30を超えてしまう肥満体はなんと、男性ホルモンの低下が見られてしまいます。

なので肥満体格は血流も悪くなる上に
男性ホルモンも低下してしまうというわけです。

肥満と運動不足がED原因に

肥満

「EDは肥満に関係し、運動不足とも関係が深い」とボストンで行われた8年余りの調査で分かりました。

肥満になると、運動を嫌います。

逆に運動をしていないと肥満になってしまいます。

その悪循環の末にED症状にかかるという結果になります。

肥満の怖さ

肥満はさまざまな悪い影響が出ます。

糖尿病、高血圧、生活習慣病などが背景に潜んでいます。

これらの病気は動脈硬化を進行させます。

動脈硬化が進むと海綿体に血液をうまく送り込めないので陰茎が勃起しにくくなります。

それがまたEDの原因となるわけです。

肥満体格を改善

運動

肥満体格というのは、EDだけでなく他の健康状態にも悪い影響を与えます。

不規則な食事な内容、食事時間、糖分の多い飲料の摂取などの肥満に繋がる行為をしている方は、今一度見直してみてはいかがですか?

EDだけでなく、健康状態も良くなって良い傾向になります。

また、適度な運動を取り入れることも大事です。

今日はバスは乗らず歩いて帰ろう、エスカレーターを使わず階段を使おう、などの日常生活にちょっとした運動を入れるだけでも全然違います。

頑張ってED対策のために、肥満対策をしていきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ