ED対策!ストレスを溜めない考え方とは?

男性

日本人の多くの方はストレスを感じながら、仕事をしたり家族と接したりと

自分たちの身の回りにはストレスで溢れています。

EDはストレスやプレッシャー、不安感原因のひとつと言われています。

すぐに人の気持ちに入り込んでくるストレスは、溜めないようにと意識すればするほど逆効果です。

さりげなく考え方を少し変えるだけで、ストレスの負担を少しでも減らすことができます。

我慢をし過ぎない

ストレスを溜める人は我慢をして乗り切ろうとしない。

溜めない人は協力で乗り切ろうとします。

しっかり休みを取る

ストレスを溜める人は仕事をしようとして十分な休みを取ろうとしません。

充実した仕事をするためにしっかり休みを取ることでストレスを回避できます。

受け流すことも大切に

ストレスを溜める人は言われたことや、されたことをそのまま受け止めてしまいます。

嫌な気持ちは受け流すぐらいの気持ちで深く考えるのはやめましょう。

分からないことは聞く!調べる!

自分を向上させるため、仕事のためです。

分からないことはそのままにしておかないです。

見栄は捨てましょう。

嫌なことはハッキリ伝える

相手に自分の気持ちが全部伝わるはずはありません。

だから口で伝えるのです。

嫌なことはハッキリ伝えましょう。

仕事上、人間関係上、どうしても言えない場合は開き直って乗り切りましょう。

起きる時間と寝る時間を同じにする

一日の始まりと終わりの時間を同じにすることで生活のリズムが決まって過ごしやすくなります。

仕事と離れた趣味を持つ

休日は仕事のことを頭から外して違うことで楽しみましょう。

ONとOFFをしっかり分けることでどちらも楽しめれる余裕が出てきます。

まとめ

ストレスフリー

少し考え方を変えるだけでストレスが大幅に減少されます。

ED治療も隠れながらコソコソするのではなく、堂々と十分に向き合って治療することで、改善への道に繋がります。

ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ