スッポン成分は本当にすごい?スッポンエキスとは?

スッポン

昔からよく言われている
「精を付けるならスッポンを食え」
という言葉があります。

そして、昔から現代に続くまでその言葉は生き続けて、その言葉を信じてスッポンを食べる人がほとんどです。

そんなスッポンの性質や食べたあとの効果内容を紹介します。

スッポンとは

スッポン

スッポンはスッポン科キョウトクスッポン属に分類される体長約30cm、甲羅の長さ約15cm、幅約12cm程の大きさの淡水性のカメの一種です。

昆虫類なので、卵生で六角形のうろこがなく、角質化していない柔らかい甲羅を持ちます。

主に食用とされているのはキョウトクスッポンとシナスッポンです。

スッポンの旬は冬眠に入る前の秋から初冬です。この時期のスッポンが最も脂がのっていて美味しいといわれています。

スッポンからは美味しい出し汁が出るため、スッポン鍋やスッポン雑炊として料理にされています。

吸い物は日本では高級料理として知られています。

専門店や料亭では、食前酒としてスッポンの血をワインなどで割ったものが飲まれています。

乾燥させたスッポンの甲羅は土鼈甲(どべっこう)と呼ばれ、粉末にして精力剤として利用されています。

スッポンに含まれる成分

スッポンには「アミノ酸」「コラーゲン」「ビタミンB群」「カルシウム」「鉄分」などが豊富に含まれています。

スッポンは動物でありながら、植物に多く含まれる必須脂肪酸のリノール酸を豊富に含んでいます。

そのリノール酸には血中こコレステロール値や血圧を下げて、動脈硬化や心筋梗塞、高血圧、心臓病、神経痛を予防する効果があります。

また、漢方的な動きもあり、病み上がりや精力減退、貧血、月経不順にも効果があります。

スッポンによる効果

スッポンには多くの豊富な成分が入っています。

その成分によって、人にとって大きく利点になることが多いです。

美肌効果

スッポンには多くのコラーゲンが含まれており、皮膚に潤いやハリを与えます。
コラーゲンは動物の細胞や組織をつなぎ合わせる接着剤の役割を果たしているたんぱく質の一種です。
体内のタンパク質の30~40%をコラーゲンが占めているので、逆に不足すると水分が不足して老化が進みます。

血液サラサラ効果

リノール酸には総コレステロール値や中世脂肪値を下げる働きがあるので、血液をサラサラにしてくれます。
血液がドロドロであると、新陳代謝が悪くなり、免疫力を低下させるといわれているので、そのままにしておくと動脈硬化や高血圧などの生活習慣病を招きます。

貧血を予防する効果

ビタミンB群や鉄分が、赤血球よ赤血球中のヘモグロビンを作り出します。
よって動悸や息切れ、めまいなどの原因の貧血を予防することができます。
さらに血液を作り出すことで循環もよくなります。

骨や歯を丈夫にする効果

体内のカルシウムの99%が骨や歯にあたり、細胞と同じように骨でも新陳代謝が行われています。
カルシウムが不足なると、骨や歯がもろくなってしまいます。
スッポンを食べることで、このカルシウム不足を解消することができます。

スッポンによる精力アップ効果とは?

筋肉

スッポンに含まれているアルギニンや鉄分、亜鉛などが勃起作用を増強させる効果があります。

また、ビタミンB群が血液をサラサラにするので、勃起する力を促進することもできます。

EDを直接治療する効果はありませんが、気持ちの持ちようも効果内容に表れますので

「自分はスッポン料理を食べてきたから大丈夫だ」という自信を持てば効果が出る可能性が高くなります。

また、スッポンの生き血も、男性器の機能回復や増大の効果があります。

スッポンは男性にとって大きな味方というわけですね!!

まとめ

すっぽん

スッポンは人間にとって必要な栄養分を多く摂取できる食材ということが分かりました。

女性にとっても男性にとっても嬉しい効果が得られるので、高級食材としても人気が高いです。

直接的にED治療ではありませんが、性行為に対しての興味だったり自信などを促進させるので、ぜひ摂取していただきたい食材です。

また、すっぽんは食べ過ぎても悪い影響はないので、安心して召し上がってください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ