EDになりやすい人の性格や特徴は?

EDになりやすい人

EDになりやすい人に共通するのは、ストレス、睡眠不足、慢性的なストレスを 抱えやすいという事です。

年齢や食生活、喫煙の有無なども関係していますが、それよりも ストレスが大きく関係しているといえます。

体がストレスを感じて自立神経が乱れると、血管を収縮させるストレスホルモンが体内に分泌され、血液が流れにくくなり血行不良となります。

勃起力の減退の根本は血行不良から来ています。

加齢により自然と勃起力は落ちていきますが、年齢以上に勃起力が弱い場合は、ストレスが大いに関係していると言えるでしょう。

EDにかかりやすい職業

EDになりやすい人

EDで泌尿器科を訪れる患者さんに多い職業を調べてみると

・トラックの運転手(長時間座り続ける事により、圧迫され血行不良になる)
・管理職
・ITエンジニア
・海外証券トレーダー
・教師
でした。

やはり、人事異動が多かったり、精神的にストレスのかかる職業が多いかと思います。

これらの統計からも、ストレスはEDに多いに関係しています。

ストレスを改善するには

1.血行不良を改善するには、毎日続けられるような、軽い運動を行うのが一番です。
ウォーキングやストレッチがおすすめです。

2.ゆっくりとお風呂に入ることも効果的です。
血管が広がり、血液がスムーズに流れるようになります。
お風呂の温度は、自立神経が乱れない39~40度の少しぬるめにします。
寝つきもよくなります。

3.ストレスを溜めこむ人は、主に神経質で几帳面、自分に自信がない人です。
物事をネガティブ志向に持って行く傾向があります。
自分の中でネガティブな事を考えないと決めて、気持ちをマイナスに持って行かない事です。

まとめ

EDになりやすい人

ストレスは知らず知らず、自分の中で溜っていってしまうものです。
適度な運動と睡眠、あとは「自分にあったストレス解消法」を見つけて
ストレスを体に溜めこまないように意識する事が大切です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ