知っておこう!男性の性病紹介一覧

ガーン

男性にとって、性病ほど怖いものはない!

という考え方を持っている人も多くいるほど

性病に対して、重要性があります。

今回は性病として代表的なものを紹介していきます。

クラミジア感染症

男性の身体に出やすい症状のひとつです。

男性の場合、尿道に痒みや不快感が現れます。

また、排尿時に痛みを感じたり、膿が混じった分泌液が出る事があります。

場合によっては、睾丸の腫れや痛みが出る場合があります。

クラミジアは男女ともに、のどの腫れや痛みの症状が出ます。

さらに発熱が出る恐れもあります。

淋菌感染症

性病のひとつである「淋病」の主な症状です。

男性の場合、排尿時に激しい痛みが出る症状や尿道から膿が混じった分泌液が出ることがあります。

場合によっては、睾丸の腫れや痛みが出る場合があります。

梅毒

男性女性ともに、太ももの付け根のリンパ節が腫れます。

男性器、肛門、手指、口唇などの部位に、痛みやしこりや腫れものが現れます。

また、唇や口の中、喉にできたものが現れることがあります。

全身にピンク色の円形のあざ、赤茶色の発疹が現れます。

HIV/エイズ

男女ともに、発熱、咽頭炎・倦怠感・筋肉痛といったインフルエンザのような症状が現れます。

さらに下痢、リンパ線の腫れ、体重減少の症状が一ヶ月以上続きます。

ヒト免疫不全ウイルスの感染によるものなので、治療せずに放置をすると増殖を続けて

ヒトの免疫機能を担っているリンパ球を破壊していきます。

感染したては無症状で、数年~10年ほどの期間があります。

以前は感染すると死に至っていましたが、現在は医学が進んで助かる確率が増えてきています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ