EDになりやすい年齢とは??

男性

男性のみなさん、男性である限りEDになってしまう確立はゼロではありません。

EDになる原因は生活習慣であったり年齢であったりします。

今回は年齢について取り上げてみたいと思います。

歳を重ねていくとEDになると聞くけど

具体的に何歳ぐらいから発症するのでしょうか。

それについてまとめてみました。

ED発症は何歳から注意?

images

EDになる人は若い人から年配の方まで広いのです。

なので、何歳からEDになってしまう!という断定はできないのです。

しかし、「自分はEDじゃないから大丈夫」という人に教える注意すべき年齢は

40代~50代はEDの原因になる高血圧や糖尿病などの発症率が上がります。

高血圧や糖尿病は血液循環に関係する病気なので、性行為の勃起にも影響を与えます。

あるいくつかのED治療病院で患者の年齢層の統計を取ったろところ、20代から80代まで幅広いのが分かります。

その中でもっとも多い年齢は40代~50代なのです。

この年代の男性は男性更年期障害による男性機能の不調や性欲の減退、私生活では増え続ける仕事の責任、プレッシャーやストレスが幾重にも重なっているのが原因となっています。

症状別にみると、20代では緊張などで性行為がうまくいかないことが多く、30代から中折れの症状が出てきて、40代50代では中折れがほぼです。

60代以上になると、中折れ以前に勃起の硬さが足りないや勃起ができないという症状が出てきます。

40代後半から自分の健康状態を要注意

おじさん

40代後半から高血圧、糖尿病の発症率が上がりますし、性機能も衰えます。

仕事関係のストレスが多くなるのもこの年代からが多いです。

なのでまだEDになっていない人でも
40代後半に入る際は自分の健康状態や精神的状態をきちんと把握しましょう。

早めの予防でEDはもちろん、高血圧や糖尿病を予防することができます。

常に自分の健康状態を気にかけて、よりよい生活を過ごしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ