性行為の途中で中折れ時にED治療薬以外に治す方法はある?

プロステーシス移植手術

性行為中の男性の中折れにはどのような原因があるのでしょうか?

これの多くは40~50代以降の男性に多いとされていますが、若い世代でも中折れしてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

中折れには年齢による原因やホルモンバランスによる原因などがあります。

若い男性の場合には、単純に性行為のし過ぎで勃起力がなくなってしまうという事もありますが、今回は基本的な中折れについてまとめていきます。

中折れってどんな時に起こる?

男性の中折れの原因としては、前述している部分が多いのですが、他にも長期間同じ女性と付き合う事によるマンネリ化も原因の1つです。

これは年齢に関係なく起こる事で、ある程度の男性が経験しているかもしれません!

もちろん、カップルだけでなく夫婦間のマンネリ化によってセックスレスになり、今までのような性行為に対する興奮度が低下して、性行為を行っても途中で萎えてしまうという事もあります。

これらの状態が続いてしまうと男性ホルモンも低下していき、結果的に中折れが起こりやすくなってしまうのです。

仲の良いカップルや夫婦ではマンネリ化を防ぐ為に、いろいろとアイデアを出して営んでいるみたいですね♪

もし、中折れが続くようなら

プロステーシス移植手術

さて、いくらマンネリ化してしまっても性的な興奮というものはなくなるものではありません!

いざ性行為をしたい時に、肝心のペニスが勃起しない状態では互いに冷めてしまう原因にもなってしまいます。

中折れを改善するには勃起薬!というのは皆さんもご存知かもしれません。。。

勃起薬というのはED治療薬のことで、男性の勃起不全や勃起障害など中折れやインポテンツを治療するのに効果的な医薬品の事です。

これを服用することによってペニスへの血行を促進して、ペニスに血を集め勃起力を高める効果があるのです。

ただし、このED治療薬を服用するには性的な興奮が前提ですので、マンネリし過ぎてパートナーに興奮すらしない状態では効き目がありません。

性的な興奮があれば絶大な勃起力を発揮しますが、個人差があったり、正しい服用方法を知っておく必要もありますので、そのあたりの知識は蓄えておきましょう!

勃起薬が効かなかったらどうする?

ここまで中折れの原因や治療薬についても紹介してきましたが、薬を飲んでも効き目がない場合にはどうすれば良いのでしょうか?

基本的に薬が効かないというのはあまり聞いたことがありません。しかし、それで悩んでいる人もいます。

薬が効かない人にありがちなこととしては、「お酒を飲み過ぎている」「抗うつ薬などを服用中」などが原因とも考えられます。

ですので、お酒を飲まない状態で薬を飲んでみたり、ED治療薬の効果を薄くしてしまう薬を飲んでいないかを確認しましょう!!

それでも効果がない人は中折れ改善トレーニングなどもありますので、動画などで方法を調べてみるのも良いかもしれませんね♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ