EDになる原因!風邪薬などの医薬品の長期の服用で!?

薬

毎日の生活に体調不良はつきものです。

自分の免疫力で治療をしたいところですが、加齢などでそういもいかないです。

風邪や病気を早期に確実に治療するには、風邪薬や頭痛薬の使用は当たり前といっていいです。

しかしその風邪薬や頭痛薬が『ED』の原因になるのでは?という噂があるそうなんです。

実際のところ、影響があるのか調べてみました。

風邪薬と頭痛薬の成分

鎮痛剤・解熱剤

熱を下げて喉、筋肉、関節の痛みを改善して、熱を下げます。

成分はアスピリン、エテンザミド、アセトアミノフェン、イブプロフェン、イソプロピルアンチピリンなど

ヒスタミン薬

鼻水、くしゃみを和らげる効果があります。

服用として。眠気と口の乾きがあります。

成分はマレイン酸クロルフェニラミン、ジフンヒドラミンです。

鎮咳・去痰

咳止めです。

成分はデキストロメトルファン、ノスカピン、チペビジンです。

風邪薬と頭痛薬とEDとの関係

男性

実際に神経に働きかける医薬品や、循環性の医薬品などを長期服用していることが原因にんって起こるEDを”薬剤性ED”といいます。

調査によると、向精神薬や睡眠剤、降圧剤、高脂血症治療薬、胃潰瘍の治療薬など、特別な薬を毎日、長期にわたって服用している方に発症する傾向があります。

風邪薬や頭痛薬のように、一時的に服用するものでしたら問題ないかと思いますが、消炎鎮痛剤の中には中枢神経に働きかけるものがあり、EDの症状を引き起こす可能性があるとのことです。

全ての方におこるわけではなく、薬によっても発生頻度は異なります。また、服用を止めたからといって、症状が改善されるかどうかもわかりません。

不衛生や体調不良が原因でEDになる原因かも??

体調不良改善のために医薬品を飲むことがEDを及ぼす影響として心配するより、不摂生で不規則な生活では、高血圧や糖尿病、疲労やストレスなどでEDを引き起こす方がリスクがますます高まります。

まず生活習慣を健康的なものに変えることで、様々な生活習慣病のリスクを低下させ、免疫力を上げることで薬に依存することを少なくするように心がけましょう。

まとめ

薬がEDになる可能性がありますが、風邪薬や頭痛薬を頻繁に過剰に摂取をしていたらEDになる可能性が高まります。

摂生な生活からくる体調不良で薬に頼ることが多いのであれば、健康的な生活を送るよう心がけることが、ひいてはEDのリスクを遠ざけることにつながります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ