男性の悩み「包茎」の治療方法

男性

EDに悩む人の多くの人が、実は包茎にも悩んでいる場合が多いです。

包皮は亀頭を保護する目的であるため、男性のほとんどは生まれつき被った状態です。

成長の過程で、性行為をするようになるため徐々に亀頭が露出してきます。

しかし、自然に剥けていく力が弱いと亀頭が出てこない状態で成長が終わってしまいます。

それを包茎といいます。

なんと日本人男性の半分以上の人が、包茎といわれています。

包茎の治療方法

包茎の手術

a0031617_22503874

勃起時に余っている皮膚を除去して、縫い合わせる手術方法です。

この方法をすることで常に清潔な状態にすることができます。

医療が発達している今、手術をしたように傷口が残らない処方が増えてきています。

治療時間は約20分程度で、痛みや出血もあまりなく治療ができます。

自分で治療する

yjimage

包茎にも種類があって、仮性包茎は包茎の中でも自分で治しやすいとされています。

かぶっている皮にむき癖をつけることが大切です。一度癖がついてしまえば、亀頭の上に余った皮も徐々に縮んでほどよい量になり、ふたたび包茎になることはありません。

その際、多少痛みを伴いますので、その痛みがきつい場合は皮を元に戻し、毎日少しずつ亀頭の露出時間を長くしていくとよいです。

包茎矯正グッズというものが実際に売っていて、それを使って自分で治療することができます。

包茎矯正グッズはおもに仮性包茎の人向きのものが多いです。

まとめ

a0002_010420-e1364524126227

包茎を治療することによって、自分の男性器に自信が持てるようになります。

自信が持つようになると、落ち着いて性行為ができるようになり、ED治療に繋がります。

包茎でED患者という方は、まず包茎治療をしてみてはいかがですか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ