EDに大きく関係するうつ病の対処方法

confidence1

EDとうつ病は大きな関係性を持っていることをご存知ですか?

ある調査によると、ED患者のうつ病発症率がED患者人じゃないに比べて約3倍ということがわかっています。

これはEDとうつ病が多いな関わりを持っているのでは、ないでしょうか。

うつ病とは

うつ病の患者数は、近年増加しています。

日本でのうつ病の発症率はおよそ16人に1人と言われている一般的な病気です。

うつ病は誰もがなってしまう可能性のある病気です。

うつ病は、真面目で几帳面で正義感や責任感が強い人になってしまう傾向があります。

病気になってしまう人が心が弱いとか、甘えているとかではないのです。

周りの人はそれをしっかり理解して、接してあげるべきです。

うつ病になってしまった人は、病気をした自分を責めるのではなく

しっかり向き合って治療していく必要があります。

EDとうつ病の関係

うつ病は憂鬱な気分になり、何事も意欲が沸かなくなります。

意欲の減退はそのまま性欲の減退にも大きく繋がります。

勃起というのは性的な興奮や刺激で脳から陰茎に伝えられて起こります。

うつ病などで性的刺激を脳が十分に感じない場合、脳からの性的刺激が伝わらず勃起が起こりません。

それと、勃起しないのではないかという不安やプレッシャーから、色々と悩み事が積もってうつ病を発症する可能性があります。

うつ病の治療方法

d69f1d32d7e01216ec7edbd705a480a8

うつ病の治療のほとんどは、うつ病治療薬でしていきます。

うつ病の治療の流れは、大きく分けて「急性期」と「回復期」があります。

急性期は薬を飲んで。うつ病の多くの症状を取り除く期間です。

回復期は症状の改善とともに社会復帰に向けて元の生活ペースを取り戻していく期間のことです。

その治療を続けていくうちに「症状がよくなった」と感じて、薬の飲む量を減らしたり、飲むこと自体をやめてしまう患者さんがいます。

これがうつ病を悪化させる恐れがあるので、自己判断はやめましょう。

うつ病は再発率が50~80%と高い確率です。

再発を防止するには、うつ病が治っても薬は飲み続けることです。

これを維持療法といいます。

うつ病は治療が必要な病気です。

しっかり自分の病気に向き合っていきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ