ED治療方法を紹介

男性

ED治療方法はさまざまあります。

一般的にはED治療薬を性行為前に服用するというのが主流ですが、他のも方法はあります。

自分はどの治療法で対策していこうかなと思っている方のためにさまざまなED治療法方を紹介していきます。

ED治療薬

薬

病院や個人輸入通販で購入することができます。

性行為の前の決められた時間に服用することで、勃起不全や中折れを予防することができます。

性行為をするたびに服用するのですが、それを続けると薬なしでも勃起するようになる例が出ています。

毎回の購入でコストはかかるかもしれませんが、一番人気のある方法です。

心理療法

心理療法

20~30才代の若い世代に多い心因性のEDに、ED治療薬の服用と同時に心理療法を行う場合が多いです。

勃起は興奮状態などに起こるものなので「また勃起しなかったらどうしよう」などのマイナス思考のせいで、気持ちが盛り上がらず不全になってしまうのです。

その考え方を変えるような心理療法が必要なのです。

ホルモン療法

男性ムキムキ

男性ホルモンは不足しているEDの場合、男性ホルモンを補充する注射をする療法です。

海綿体注射療法

注射

海綿体注射療法はED治療薬が効かない場合にお勧めされる療法です。

日本では認可されていない療法なので自己責任に行うものです。

注射を直接ペニスに打つものなので、とても痛そうと思われがちですが、使われる注射針は非常に細くて注入する薬剤の量も少量なので痛さはあまりありません。

手術による治療

手術

外科手術による治療法は種類がありまして、どれも保険外診療になります。

こうした治療を受けたい場合は、ED外来のある総合病院へ問い合わせるのが無難です。

血行再建手術

陰茎動脈に狭窄や閉塞がある場合に、血管のバイパス手術や狭窄部血管の拡張手術をするで勃起を実現します。

年齢が50歳以上の方や、糖尿病や高血圧などで血管状態がよくない人は手術を受けることができません。

体の別の部位の動脈を剥離し、ペニスの動脈とつなぎ合わせて遮断されていた血管を復活させる療法になります。

静脈結紮手術

陰茎海綿体の静脈から血液の流出を止めることで、勃起を維持させます。

陰茎プロステーシス移植術

陰茎プロステーシス移植手術は、基本的に陰茎の中にシリコンなどの支柱を埋め込んで、擬似的に勃起状態を実現する方法です。

他のED治療法がまったく効かないという人の最終手段の規模の療法です。

この手術を行う場合、自然な勃起が回復する可能性がなくなりますので、十分に検討をしてください。

看護師

いかがですか??

ED治療法にはさまざま種類があるのですね。

自分にはこの方法だな。というのがあれば是非検討してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ