アルコールの飲みすぎはEDになるのか!?

beer

飲酒はEDに大きく関係しているといわれています。

具体的にどのような理由で、飲酒によってEDになりやすいのでしょうか。

過度な飲酒がEDになる理由

飲酒後は、アルコール分解のために体内の栄養バランスが崩れたり、神経が鈍ったりします。

一時的に勃起機能の低下が起こりやすい状態になります。

アルコールは適度な量だったら、気分も上がりやすくなるので性欲はむしろ向上します。

男性も女性も気持ちが大きくなるので、大胆な行動をしやすくなるのも理由のひとつです。

しかし、多くのアルコールを摂取することはアルコール分解のために多くの水分を体に取り込もうとします。

なので、体内の栄養バランスを大きく崩してしまうのです。

ED治療薬と飲酒との関係

N866_sikamettura500

ED治療薬で有名なバイアグラやシアリスを服用する場合も注意が必要です。

少しの飲酒は気分やテンションをあげさせるものになりますが、過度の飲酒はED治療薬の効果を邪魔します。

ED治療薬を服用する予定の日はお酒を控えたり、飲みすぎたらお水を飲むなどをして

体の中のアルコールを抜きましょう。

過度の飲酒の危険とは?

アルコールを長期間、多く摂取することによって肝臓の機能も低下します。

肝臓の機能には男性ホルモンであるテストステロンに関わるものもあります。

肝臓の機能が低下することによって、テストステロンが減少してしまい、これも勃起障害を起こす原因となります。

  • コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ