精子や精液の量を増やす方法

男性

EDや男性不妊で悩んでいる人だけじゃなく、年を重ねると射精したときの精液の量が少ないと感じていませんか?

加齢や食生活、運動不足によって男性ホルモンは減少していきます。

なので、これはしょうがないことなのです。

でもしっかり対策していきたいですよね。

パートナーとの間に子供を授かりたい場合には、必ず対策していくべきです。

精子や精液が減る原因

まず、具体的な精子や精液が減る原因を調べて見ましょう。

タバコ

たばこ

タバコは精子の形成に異常を及ぼさせる恐れがあります。
また、精子の運動性を低下させてしまいます。
個人差はありますが、タバコを吸わないほうがもちろん良いです。

長風呂・サウナ

サウナ

精液を作る精巣付近の湿度が高いと精巣の機能が衰えてしまいます。
あまり熱い風呂に長く入ったり、高温のサウナは避けましょう。

精子や精液を作り出す成分の紹介

男性食事

精子はなんと75日間という月日をかけて作られます。

栄養素はもちろん食事からで、バランス良い食事が一番の基本です。

その中でも元気な精子を作るために必要な栄養を摂取することができる成分を紹介します。

亜鉛

精子製造を促進させる働きをします。
射精のたびに精子の増産に使用されて、毒物と一緒に体外に排出されます。
亜鉛は汗や尿によって体内から出て行きます。
亜鉛が不足してしまうと、疲労、味覚低下、性欲減退、男性ホルモンへの悪影響の作用があるので気をつけましょう。

セレニウム

精子の運動能力を活発化させる働きをします。
体内にあるセレニウムの半分が、男性の睾丸と前立腺につながる輸精管に集中しています。
射精毎に精液に入り、体外に排出されます。
セレニウムが不足すると老化、感染症、生殖能力低下、精子数減少の恐れがあります。

タンパク質

精子製造の原料となります。

ビタミンE

精子製造に多大な役割と持つ男性ホルモンの分泌を高める機能があります。

コレステロール

男性ホルモンをつくる原料となります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ