50歳代に多いEDの原因とは?

けなっしー

EDにはさまざまな原因と結果があります。

今回はEDに悩んでいる人が人数が比較的に多い50歳代をターゲットに原因を解剖してきます。

50歳前後でEDに悩んでいる人も悩んでない人も是非チェックして見てください。

50歳代に多いAGA発症ケース

おじさん

50歳前後は十分に加齢による原因が主といってもいいです。

加齢に伴うものであれば
さまざまな病気の発症がきっかけといえます。

動脈硬化

動脈硬化になると血液が十分に拡がらないばかりか、血液の循環が悪くなります。

そのため、男性器のほうにも十分な血液が流れ込まず、十分な勃起ができません。

生活習慣病

糖尿病や高血圧。高脂血症などの生活習慣病の人では、血管に大きな負担がかかります。

先ほども話した動脈硬化にも影響がありますし、EDになる原因です。

喫煙

若い頃から吸っているタバコも加齢と共に身体に悪い影響を及ぼします。

血管を狭めてしまうので、健康にも悪いです。

ストレス

職種にもよりますが、40歳代から続く社会的ストレスと家庭内ストレスが続いている可能性があります。

対策方法

人は歳を重ねていくものですから、加齢を止めることはできません。

なので毎日の生活を見直す必要があります。

日々の生活に少しだけでも運動を入れてみたりだとか、タバコの数を減らしてみたりなど心がけをするのが大切です。

そしてED治療薬を服用しましょう。

ED治療薬は男性器の血流を促進させるので、自然に勃起することができます。

年齢だからと諦めずにしっかり対策をしてきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ