ED治療薬レビトラの医療薬紹介!勃起薬とは?!

levitra2

レビトラ5mgは、日本で2003年に認可された医薬品であり、ED患者(満足な性行為を行うのに十分な勃起と維持ができない患者)に処方されるものであります。

医師の処方は必要であはあるが、保険適用外なので、検査費、診療費等すべてが自己負担です。

この薬はED(勃起不全)治療薬であり、陰茎海綿体平滑筋及び関連の小動脈を緩めさせ、海綿体洞への血液の量を増やすことによって、陰茎を勃起、維持させる医薬品で、EDの治療薬の中では副作用の比較的少ない薬です。

レビトラの使用方法は、成人男性が1日1回1錠を性行為の約1時間前に服用します。

但し、1日1回の服用厳守、次の服用までは絶対に24時間以上あけ、1度に2回飲まないようにし、誤って飲んでしまった場合は医師または薬剤師に相談しましょう。

この薬は、最近6か月以内に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞を起こしたことのある人、心臓病や血管に障害のあるひとや重度の肝障害のあるひとは使用できません。

副作用として、眩暈や視覚障害、頭痛、動悸などが現れることもあるので、高所での作業または車の運転など危険を伴う作業をする際には注意してください。

レビトラを使用した際、食事にはあまり影響のない薬ですが、空腹時に服用した方が効き目が高いようです。

そして勃起が始まり、今までにないくらい反り立つ勃起状態でした。

最後までその勃起状態のまま今までにないくらい気持ちの良い性行為を体験できました。

レビトラ5mgの場合の使用の際の注意と体験

attention-307030_640

レビトラ5mgは、日本で2003年に認可された医薬品であり、ED患者(満足な性行為を行うのに十分な勃起と維持ができない患者)に処方されるものです。

医師の処方は必要であはあるが、保険適用外なので、検査費、診療費等すべてが自己負担です。

この薬はED(勃起不全)治療薬であり、陰茎海綿体平滑筋及び関連の小動脈を緩めさせ、海綿体洞への血液の量を増やすことによって、陰茎を勃起、維持させる医薬品で、EDの治療薬の中では副作用の比較的少ない薬です。

レビトラの使用方法は、成人男性が1日1回1錠を性行為の約1時間前に服用します。

但し、1日1回の服用厳守、次の服用までは絶対に24時間以上あけ、1度に2回飲まないようにし、誤って飲んでしまった場合は医師または薬剤師に相談しましょう。

この薬は、最近6か月以内に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞を起こしたことのある人、心臓病や血管に障害のあるひとや重度の肝障害のあるひとは使用できません。

副作用として、眩暈や視覚障害、頭痛、動悸などが現れることもあるので、高所での作業または車の運転など危険を伴う作業をする際には注意してください。

レビトラ5?を使用した際、食事にはあまり影響のない薬ですが、空腹時に服用した方が効き目が高いようです。

そして勃起が始まり、今までにないくらい反り立つ勃起状態でした。最後までその勃起状態のまま今までにないくらい気持ちの良い性行為を体験できました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ